HOME > オーナーの独り言 > アーカイブ > 2013年3月アーカイブ

オーナーの独り言 2013年3月アーカイブ

最強なのは、平均体温36,5℃!

"冷えは万病のもと”というけれど、なぜ冷えていると、人間は病気になり易いのか?多くの人は、風邪をひいたりして熱が出た時くらいしか自分の体温を気にする事はありません。例え体温が35℃台でも、熱さえなければ平熱だ、正常だと思い込んでいませんか?血液の流れや免疫システムの働き、そのほか生命活動に欠かせないさまざまな体内活動は、体温と密接に関わっているのです。
血流の悪い人は、年齢よりも10歳も20歳も更けて見え、病気にもなりやすく短命な人が多いといいます。反対に80,90歳になっても血流がよく、体温が高い人は、見た目も若く、ボケもありません.血流の良し悪しで、その人の今後の健康状態は、ある程度予想出来ます。では、どうしたらよいでしょうか?体温を上げればいいわけです。低体温がなぜ恐ろしいのかを理解して、生活習慣の改善をしましょう。

玉汗

こんばんは、石浴日和です。今日のつぶやきは、汗についてです。汗には、2種類あります。スポーツや、お風呂に入った時の汗は、よくご存じだと思います。臭くて、ちょっとしょっぱくて、べたべたしていますね。これは、汗腺から出た汗です。もうひとつの汗は、皮脂腺から出る汗です。これを、玉汗と呼んでいます。岩盤に入ると、この汗をかいて、初めて老廃物が出るのです。さあ、玉汗をたくさんかいて、花粉症など吹き飛ばしましょう!

天力石てなあに?

こんにちは、 石浴日和です。天力石とは、 神々のすむ宮崎県高千穂でとれる天然石、そこから放出される赤外線は、全ての生命体に吸収されやすく抗酸化作用や活水化作用、熟成作用、細胞賦活作用のほか、マイナスイオン作用をもたらします。効能としては、身体が長い間冷めない。美肌効果がある。ぐっすり眠れる。腰痛、肩こりの緩和。汗がべたつかない。花粉症が緩和される。とにかく一度体験してみてください。百聞は一見に如かず 目からうろこですよ。

1

« 2013年2月 | メインページ | アーカイブ | 2013年4月 »

このページのトップへ